ごあいさつ

HOME > 軟部組織損傷 〜大腿骨の病気 単純性股関節炎〜
  • 2022.11.06 軟部組織損傷 〜大腿骨の病気 単純性股関節炎〜
皆様、こんばんわ
今日は信長祭りでしたね(*'ω'*)
実は私ごとですが...
なんと運がいいことに観覧席が当選していたのです〜(^O^)/
生、木村拓哉さんと伊藤英明さんを見てきました!(^^)!
最高にカッコよくて、最高の思い出でした(*'ω'*)
岐阜市六条東にある鍼灸接骨院、
ながの鍼灸接骨院の院長、長野 有高です。

現在、軟部組織損傷についてお話をさせてもらってます

今日、ご紹介するのは、大腿骨の病気 単純性股関節炎についてご紹介していきます。


単純性股関節炎とは

単純性股関節炎は、子供に多く、10歳以下とくに5〜6歳の幼児に多く、股関節部に痛みを訴える病気です。

2〜3 週間で症状が消退してしまう一過性の股関節炎で、まれに大人にも起こることがあります。


単純性股関節炎の症状

股関節、大腿、膝関節に痛み

跛行(足をひきずって不自然に歩くこと)

股関節の可動域、すべての方向に運動制限がみられ、軽く曲げた姿勢になる

微熱が出ることも


単純性股関節炎の原因

はっきりした原因がない


単純性股関節炎の検査・診断・治療

検査・診断

血液検査に異常はない。

エックス線写真にも、骨の変化はみられない。

関節液からも細菌は発見されない。

関節に針を刺して黄色透明な関節液が吸引されれば、診断はほぼ確実される。


治療

安静によって疼痛は軽減し、数日ないし2〜3週間で治癒する。

関節液が吸引されれば症状は消退される場合が多い

2〜3週間以上症状がつづくときは、小児期の股関節痛の原因となるペルテス病、化膿性股関節炎、若年性関節リウマチなどとの鑑別が必要です。




今まで股関節の病気をご紹介しましたが、それぞれ発症しやすい年齢があります。

/契源期 :先天性股関節脱臼

乳児期  :化膿性股関節炎

5歳前後 :単純性股関節炎

ぃ魁腺隠虻弌Д撻襯謄紘臓股関節結核

ダ長期  :大腿骨頭すべり症

股関節が痛み出した年齢から病気を疑ってもいいと思います。

周りに股関節に痛みがある方をみたら、助けてあげましょうね


次回は、大腿骨の病気、化膿性股関節炎についてお話させてもらいますね

体に違和感があるなと思ったら、一人で悩まず、
まずはお電話を 058−213−7927

ご来院をお待ちしております
前の記事 次の記事 記事一覧へ

▲ページのトップに戻る

サービス紹介!

接骨について

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷から、寝違い、五十肩、膝痛、腰の痛みまで、まずはご相談ください。

鍼灸治療について

肩こり、腰痛、膝痛から頭痛、便秘、下痢、冷え性、足のむくみ、眼精疲労等まで、鍼灸でお悩みを解決します。

女性に人気について

耳ツボダイエットや顔マッサージ&鍼、骨盤矯正、吸玉など、女性に人気のサービスも行っております。

もしも、交通事故に遭ってしまったら

  • よくある質問
  • 患者様の声
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 初めての方へお得な特典 はりきゅう無料または粗品プレゼント

ながの鍼灸接骨院

〒500-8353
岐阜県岐阜市六条東1丁目2番地22

営業時間
平日 午前 / 8:30〜12:00
    午後 / 15:30〜20:00
土曜 午前 / 8:30〜12:00
    午後 / 14:00〜17:00 

定休日
水曜午後、日曜、祝日

電話番号
058-213-7927

詳しくはこちら