ごあいさつ

HOME > 骨折 〜大腿骨骨折 遠位端部骨折〜
  • 2020.12.14 骨折 〜大腿骨骨折 遠位端部骨折〜
皆様、おはようございます
今週は、寒くなるらしいですね
遂に本格的、冬到来!!!
車の運転には十分気を付けてくださいね
岐阜市六条東にある鍼灸接骨院、
ながの鍼灸接骨院の院長、長野 有高です。

現在、色々な骨折についてご紹介しています


今日、ご紹介するのは、大腿骨遠位端部骨折についてご紹介していきます。

大腿骨遠位端部骨折

大腿遠位端部骨折は、大腿骨骨幹部骨折に比較して発生率は低いですが、関節部の骨折のため注意が必要です。


大腿骨遠位端部骨折の分類

‖臑楾顆上骨折

大腿骨遠位骨端線離開

B臑楾顆部骨折

て眤βι靭帯付着部の剥離骨折


大腿骨顆上骨折

発生機序

直達外力

交通事故やスポーツ外傷で、大腿骨下部に強度の衝撃が加わり骨折

介達外力

骨粗鬆症である高齢者が、膝を屈曲して転倒したときなどに起きる。

症状

大腿遠位部の腫脹著明、変形、下肢短縮が認める。
膝窩動脈、神経が圧迫、損傷されることも
また、靭帯や半月などの軟部組織の損傷を合併することもあります。



大腿骨遠位骨端線離開

多くは8〜10歳の小児に発生し、小児は靭帯組織が弾力性に富み強靭であるため、弱点部の骨端軟骨の離開が生じやすい

発生機序

交通事故、スポーツ外傷、高所よりの転落など

症状

膝関節部を中心に著しい腫脹と疼痛

疼痛のため膝関節の運動が出来ない

転位が強ければ著しい変形



大腿骨顆部骨折

大腿骨顆部骨折は関節内骨折であるため、可動制限、内・外反変形、膝動揺性などの関節機能障害を残しやすい

分類

外顆骨折

内顆骨折

外顆後端骨折

発生機序

直達外力は膝関節鈍角位で、介達外力は膝関節伸展位で強力な軸圧が加わった時

症状

膝関節部の関節血種、腫脹が高度

外顆骨折は外反膝、内顆骨折は内反膝を呈する

関節包や靭帯断裂をすると関節の動揺性、関節半月の損傷を伴う



内側側副靭帯付着部の剥離骨折

発生機序

膝関節部の外転、外旋の強制により発生

症状

限局性圧痛

膝関節の側方動揺性が見られる




大腿骨遠位端部骨折は、関節に近いため、靭帯や半月板、神経なども損傷しやすいです。
骨折だけではなく、軟部組織も損傷してないか確かめましょう


次回は、膝蓋骨の骨折についてお話させてもらいますね

体に違和感があるなと思ったら、一人で悩まず、
まずはお電話を 058−213−7927

ご来院をお待ちしております
前の記事 次の記事 記事一覧へ

▲ページのトップに戻る

サービス紹介!

接骨について

骨折、脱臼、捻挫、打撲などの外傷から、寝違い、五十肩、膝痛、腰の痛みまで、まずはご相談ください。

鍼灸治療について

肩こり、腰痛、膝痛から頭痛、便秘、下痢、冷え性、足のむくみ、眼精疲労等まで、鍼灸でお悩みを解決します。

女性に人気について

耳ツボダイエットや顔マッサージ&鍼、骨盤矯正、吸玉など、女性に人気のサービスも行っております。

もしも、交通事故に遭ってしまったら

  • よくある質問
  • 患者様の声
  • 初めての方へ
  • ブログ
  • 初めての方へお得な特典 はりきゅう無料または粗品プレゼント

ながの鍼灸接骨院

〒500-8353
岐阜県岐阜市六条東1丁目2番地22

営業時間
平日 午前 / 8:30〜12:00
    午後 / 15:30〜20:00
土曜 午前 / 8:30〜12:00
    午後 / 14:00〜17:00 

定休日
水曜午後、日曜、祝日

電話番号
058-213-7927

詳しくはこちら